虫歯で頭痛になるのはなぜ?

虫歯が原因で頭痛がするというのは、子供ではなく大人に多くみられます。でも、どうして虫歯から頭痛がするのでしょうか?頭痛って気持ち悪くなることもあるので放置できませんよね。ましてや虫歯が原因なら治療するまで頭痛と闘うはめになります。ここでは、虫歯について頭痛がする原因をご紹介いたします。

 

頭痛の原因は歯随炎!

まず、どんな虫歯でも頭痛がするという訳ではないことを知っておきましょう。軽い自分で治せてしまう程度のC1なら、頭痛を引き起こすことはまずありません。

 

では、どんな虫歯が頭痛を引き起こすのかというと、虫歯が神経にまで到達しており、歯随炎という炎症を起こすと頭痛がするのです。

 

頭痛だけではなく、人にとっては顎が痛かったり目の奥が傷む場合もあります。

虫歯以外の頭痛

しかし、虫歯ではなくても歯が原因で頭痛を引きおこすこともあるものです。例えば、噛み合わせが悪い人がよくなる顎関節症なども頭痛を引き起こす原因になります。

 

私達では、何が原因で頭痛がするのかということは分かりませんので、頭痛がする場合は歯医者に行って原因を突き止めてもらうようにしましょう。

頭痛の軽減方法

もしも虫歯から頭痛がする場合、応急処置はどうしたら良いのでしょうか?最も多くの方が行っている方法としては薬の服用があります。市販の頭痛薬を服用してその場をしのぐという感じですね。

 

ただ、頭痛薬を服用しても痛みは改善しますが虫歯をなくすことは出来ませんので最終的には歯医者を受診するようにしましょう。

虫歯から来る頭痛の予防方法

最後に、頭痛までなってしまう虫歯にならないようにするためにはどんな予防をしたら良いのでしょうか?色々な予防方法がありますが、一番行いやすいのは生活習慣を正して歯磨きを欠かさないということです。

 

生活習慣が乱れていると、どれだけ歯医者に通っていてもまたすぐに虫歯になってしまいます。これでは頭痛の根本原因を取り去ることは出来ませんよね。そのため、生活習慣を正すことはとても大事な予防法と言えます。

 

また、歯磨きをする時にも歯間ブラシやマウスウォッシュなどを使用して、歯の汚れだけではなく口内全体の虫歯の雑菌を殺したり、増やさないようにすることも大事です。

 

以上が、虫歯と頭痛の関係です。虫歯って、頭痛まで引き起こしてしまうことがあるのですね。

まとめ

虫歯がひどくなると頭痛が起こる可能性があることが分かりました。では、この頭痛が起こる原因は何なのかというと、歯随炎と呼ばれる炎症が口内に出来ていることが原因でした。

 

また、歯随炎になると、頭痛だけではなく顎や目の奥などにも痛みが生じる場合があります。

 

このように頭痛がでてしまった時には応急処置として頭痛薬を服用することが一般的です。しかし、これでは虫歯の根治にはなりませんので、歯医者に行くことは避けられません。

 

また、予防法として生活習慣を正しながら歯磨きや歯間ブラシの徹底などをすることで、頭痛が起こるくらいの虫歯を予防することに繋がります。