虫歯を放置すると恐い4つの症状

虫歯があると気がつき始めたのなら、出来るだけ早く歯医者に行きたいものですが、歯医者でやられることを想像すればする程ついつい放置気味になってしまうもの。でも、自分でも虫歯を放置するといけないことくらいは分かっているのですよね。そんな時には、虫歯を放置するとどんな恐い症状になってしまうのかを想像してみましょう。きっと思い腰を上げることが出来るはずです。ここでは、虫歯について放置した時の4つの症状をご紹介いたします。

 

虫歯を放置した症状その1.痛み

虫歯と言えば、一番に想像するのが痛みですよね。まだ初期の虫歯だと痛みもあまり感じないものですが、放置することで痛みはどんどん増していきます。

 

例えば、放置していると冷たいものを食べた時に突き刺さるような痛みを覚えるようになります。また、それでも治療をしないと四六時中痛みを感じるようになり、その痛みも度合いもひどくなっていきます。最終的には夜でも痛みで眠れなくなることだってあるのです。

虫歯を放置した症状その2.口臭

虫歯があるということは、口内環境は悪くなっていると言いきって良いでしょう。特に、虫歯によって歯に穴の空いた所というのは、食事の食べかすなどが上手く歯磨きをしても取り除けないものです。

 

では、取り除けなくなった食べかすはどうなるのかというと、口の中で腐敗してきつい口臭を放つようになります。

 

虫歯を放置した症状その3.噛み合わせが悪くなる

虫歯を放置してると、どんどん歯が欠けてしまいます。すると、虫歯ではない歯全体の配列が徐々に悪くなりはじめます。

 

今まで綺麗に並んでいた歯がずれ始めると食事をした時にも奥歯で上手く噛むことが出来なくなりますので、消化も悪くなりがちになります。

 

また、噛み合わせが悪くなるということは顎にも痛みが生じる時があります。顎に痛みが生じると噛むことさえ辛くなる時がありますので、そうなる前に治療をすることが必要なのです。

虫歯を放置した症状その4.合併症を起こす

虫歯は歯の神経まで到達すると歯に流れている血液の流れまでも止めてしまうので、歯はもれなく死に一気に近づきます。

 

しかし、虫歯はそれだけでは治まりません。血液に乗った虫歯菌が鼻や顎のほうにまで到達してしまうこともあるのです。こうなると副鼻腔炎や骨髄炎などの非常にやっかいな病気になってしまい、ますます治療に時間がかかります。

 

以上が、虫歯を放置した時に現われる4つの症状です。どれも恐いですね・・・。

虫歯は絶対放置しないこと!

虫歯は早めの治療が何よりも大切です。もちろん、虫歯を予防するに越したことはないのですが、虫歯ってストレスから出来やすくなったりするので、防ぎようがない時もあったりするものです。

 

でも、口の中の環境って結構大事だということが分かりましたよね。そのため、もしも虫歯になったなら、放置をすれば上記のような恐い症状になることを思い出して早めに歯医者の予約をしましょうね!