虫歯の治療って痛いの?

虫歯を治療するためには歯医者にいくしかありませんよね・・・。でも、あのキーンって聞こえてくる治療中の音って何回聞いてもいやですよね。そもそも、虫歯で治療をする時ってどのくらいの痛みがあるのでしょうか?調べていくと、虫歯は4つの治療段階によって痛みが異なることが分かりました。ここでは、虫歯についての治療別による痛みをご紹介いたします。

 

もっとも軽度な虫歯C1時の治療

まずは、虫歯の中でも一番軽いC1での治療をする時の痛みからご紹介いたします。C1の場合は、歯のエナメル質の部分、つまり一番外側の部分が虫歯に犯されている状態のことを言います。まだ深部にまでは到達しておらず、自分で虫歯だと気がつかない場合もあるのがこのC1の特徴でもあります。

 

そんなC1の虫歯を治療する時の痛みはどのくらいかというと、痛みはほとんどないと言っても良いでしょう。表面の虫歯になっている所を軽くけずるだけで治療は終わってしまいます。

ちょっと気になる虫歯C2の治療

次に歯科検診などでC2と言われた場合の治療です。ご想像通り、C1よりも虫歯の状態は悪くなっています。どのくらいまで虫歯が到達しているのかというと、エナメル質部分(表面部分)を通り超して象牙質部分まで到達しているのがC2の特徴です。

 

このC2の治療をする時の痛みはどのくらいかというと、こちらも基本的には痛みがあまりありません。あったとしても、染みるような痛みを感じる場合があります。手を上げちゃうくらいの痛みではないです。

痛みが出てくる虫歯C3の治療

C3になると、虫歯だと自分でもはっきりと自覚をするようになるはずです。その理由は、C3と診断された場合の虫歯というのは神経まで到達しているからです。

 

つまり、治療も神経の所まで治療をすることになるので痛みは当然あります。では、どんな痛みなのかというと、治療に入る前の麻酔を打つ時に痛みが生じます。ちょっと歯を食いしばりたいような痛みが麻酔を注入する時にあります。

 

しかし、麻酔が効いてしまえばそれ以降の痛みはありません。また、治療後も痛みが出る可能性がある場合は痛み止めが処方されます。

最もひどい虫歯C4の治療

最後は、虫歯の中でも最もひどい段階であるC4の治療をする時にはどんな痛みがあるのか見てみましょう。結論から言いますと、C4についても麻酔をしてしまうので麻酔時に痛みがある程度で治療中は痛みを感じません。

 

ただしC4は歯の根元まで虫歯になっているため、抜歯や神経の治療やらと大変で、歯医者に通う回数も一番多くなります。

痛みは麻酔だけ覚悟しよう

歯医者に行った時には、治療をする時の痛みは麻酔をする時だけ覚悟しておいた方が良さそうですね。麻酔さえ終わってしまえば、後は歯医者さんにまかせてしっかりと治療してもらいましょう。とは言っても、あの治療中の音はいやなものですが・・。

 

治療後の痛み止めももらうことが出来るのなら、怖がることなく早めに歯医者に行った方が良さそうですね。